投資信託での資産運用とは

投資信託のデメリット。インフレのリスクや手数料などには注意!

更新日:

資産運用を考えるなら投資信託から始めることをおすすめすると言われることも多いです。
いろいろある投資の種類の中でも、投資信託は投資初心者に向いている投資といえると思います。

基本的に投資信託を一度購入すると、後は自分で相場変動を確認して運用すると言った作業が不要になります。
仕事が忙しく投資にあまり時間がかけられないという人からも、投資信託は人気を集めています。

投資信託はローリスク・ローリターンというイメージが前面に出過ぎていることもあって、あまりリスク部分について触れられることがありませんね・・。
でも、投資信託はローリスクと言われることは多いものの、リスクがゼロというわけではないです。
投資信託のリスク部分についてもきちんと知った上で、投資信託を始めることが大事だと思います。

また、投資信託は効率的に収益を稼げるはずなので、本来ならローリスク・ハイリターンという形になってもおかしくない投資かもしれません。
でも、実際は、投資信託は仲介に入る業者や機関が非常に多いということで中間マージンが多く発生してしまうんです・・・。

投資信託は1人で購入するのではなく、複数人がお金を出し合って一つの物を購入するシステムになっています。
株取引やFX取引のように個人だけの投資ではないことから、途中で投資信託を辞めようとする場合は手数料が掛かる場合があります。

また、インフレが進むと投資信託の価値は下がると言われています。
今はデフレの底と言われているため、インフレによるリスクも0ではありません。

投資信託|セゾン投信

-投資信託での資産運用とは

Copyright© 投資信託ひたすら積立ブログ。初心者おすすめ投信ランキング2017 | こつこつ積立した結果を公開♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.